ラジュール東京 ホームへラジュール東京 ホームへお弁当 グランドメニューへお弁当 グランドメニューへお弁当 新着商品 ラジュール東京お弁当 新着商品 ラジュール東京tiles3.pngtiles3.pngtiles4.pngラジュール東京 電話番号ラジュール東京 電話番号










ロケ弁・会議弁当・ケータリング専門店
lazurelogo2.png


HOME > コラム > PICK UP お弁当箱 北京ギョーザとカニ炒飯膳|ラジュール東京 Column April 2th,2019

L'azure Tokyo Column April 2th,2019


———ラジュール東京の裏メニュー。

特製 北京ギョーザとカニ炒飯膳

PICK UP お弁当箱

春のロールキャベツ御膳



北京ギョーザと カニ炒飯膳
税込1,188円
主菜:特製 北京ギョーザ(ニンニク不使用)
副菜:カニ炒飯/エビのチリソース/青椒肉絲/ザーサイの付合せ/桜杏仁豆腐/

*concept*
カニ炒飯はタラバガニを使用。
特製 北京ギョーザはニンニクを使用しないお肉たっぷりのもの。
中華料理のよさである豪快さを活かしつつ、
日本風の素材を大切にした味付け


 ラジュール東京の中華は、専門店と同じ機材(大火力中華コンロ、大径中華鍋)で調理しています。
それは、通常のコンロでは火力が足らず十分な"油切り”が出来ないためです。

中華の炒め物は、素材を一瞬だけ高温の油の中に通して、"油切り”をしてから本調理に入るのですが
温度が足りないと、素材に油がまとわり付いて油を切りきれず油っぽくなってしまうのです。

『中華料理=油っぽい』というのは誤ったイメージで(中国の女性の方にスリムな方が多い事でも分かるように)
適切な”油切り”をした料理は、合わされたソースを飲まない限りは野菜が多くカロリー控えめで、
油通しも一瞬で素材の外側を高温で焼いて、内部の栄養を守るため、内側にオイルは残りません。

 そんなこんなで、本当の中華料理の良さを知っていただくために、どうしても
中華料理の機材は欠かせないという事で、厨房の設計の段階で中華のコンロの導入を決めました。

まさにこだわりが生んでしまった、裏メニューともいうべき中華料理。
日本人好みに味も調節しております。ぜひ一度ご賞味ください。後悔はさせません。 



 まだ寒さの残る季節ではありますが、令和と改まり
社員一同気の引き締まる思いで、さらなる飛躍をと、新たな年を迎えております。





あわせてこちらもどうぞ


春のロールキャベツ御膳



おおきめ叉焼炒飯と北京ギョウザ 御膳
税込1,080円
主菜:特製 北京ギョーザ(ニンニク不使用)
副菜:自家製叉焼の炒飯/エビのチリソース/青椒肉絲/
ザーサイの付合せ/桜杏仁豆腐/